KITAKYUSHU
HOSPITALITY
ROADS

SCROLL

北九州おもてなしのゆっくりかいどう

CLOSE UP 01

皿倉山

権現山、帆柱山、花緒山と合わせて帆柱自然公園として整備され、一帯は北九州国定公園にも指定。八幡のまちの背後に「皿倉山(標高622m)」を中心にして、皿倉平、権現山(617m)、帆柱森林植物園、キャンプ場、アーチェリ―ランドなどが展開。響灘に面した北九州市はもとより、下関市までが眺望可能。工場やまちはあかりに輝き、「新日本三大夜景」の一つとして全国に知られわたる。
CLOSE UP 02

関門海峡

海峡の眺望も素晴らしく、門司側では、和布刈公園、門司港レトロ地区など、下関側では、壇ノ浦、巌流島などを望むことができる。夜はライトアップされイルミネーションに飾られた関門橋は関門海峡の夜景を一段と美しく見せてくれる。和布刈公園より、間近に見ることができる。

OTHER SPOTS

北九州おもてなしのゆっくりかいどうとは?

北九州おもてなしの“ゆっくりかいどう”は、ロマン漂う延長約40kmのルートです。古くから本州やアジアの玄関ロとして多くの人が行き交い、 にぎわい、栄えた歴史が今も脈打っています。徒歩で散歩でき、歴史、文化や美しい景色を“ゆっくり”と味わえる のが魅力です。
風景街道の取組みによって、各団体の活動が充実、発展し、喜んでもらえるように努め、地域の活性化や北九州の都市イメージの向上にも貢献していくよう展開させていきたいと考えています。